平林鈴子のノート

心にうかぶとりとめのないこと

雑草

f:id:suzukoessay:20210223171742j:plain

紫玉ねぎの畝

 こんばんは

今日は雑草のおはなし

 

シロのPotager(畑)は約160坪です

半分に果樹を植え防草シートを敷き

残りの約80坪で野菜を育てています

 

畑仕事は草取りに始まり草取りに終わる

と言っても大袈裟ではないくらい草取りをしています

冬は比較的雑草も少なく仕事が少ないのですが

そろそろ背の低い雑草が揃ってきました

f:id:suzukoessay:20210223172439j:plain

玉ねぎを抜かないように雑草を抜きます

 そうなんです

今は背の低い雑草が多いんですね

そして夏秋にむかって背の高い雑草が増えます

雑草にも季節があるのだと畑仕事をするまで知りませんでした

当たり前なのかもしれませんが

横に広がる草の根は土の中で横にはり

高く伸びる草の根は土深く伸びている印象です

かたい草の根はかたく

やわらかい草の根はやわらかい

抜くのか刈るのか

草取りといっても草によって

あるいは畝間によって

季節によってもことなります

 

「上農は草を見ずして草を取り、中農は草を見てから草を刈り、下農は草を見て草を取らず」

 

という言葉があるそうです

我が家は中農と下農の間を行ったり来たりです

上農へはまだまだ遠い道のり

 

f:id:suzukoessay:20210223180700j:plain

少し膨らみはじめました 収穫は5月中旬

 

けれども草取りは

少しずつでも頑張れば頑張ったぶん達成感が得られますし

感覚が研ぎ澄まされていく感じがします

太陽のむき

風のむき

土のにおい

草のにおい

鳥の声

虫の羽音

私の呼吸

小一時間ほどつづければ気持がスッキリします

 

当分の間はこのスッキリを味わうために

コツコツ草取りをすることにしましょう

 

今夜から全国的に寒くなるようです

あたたかくしてお過ごしください

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村